過去ログ 2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 
2010年06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 11月 12月 
2013年04月 05月 10月 

■2012年03月23日(金)  目がすべる
プースカとサカコにタマネギ1コずつわたして皮むいてって頼んだら
プースカは白いとこまでむいたらしくて、全部むきおわる前に
「目が〜目がしびれる〜」
といって戻ってきた。それはまだわかるとして
そのあとサカコは最後までむき終わってから、お兄ちゃんが言ったのがクールだと思ったのか
「めがすべる〜」
といって戻ってきた。滑んのかい!(^^;
コメント
Name   Message   

■2012年03月22日(木)  世間一般の親御さんというのは子供が好ましくないものに興味を持ちすぎてしまったときは一体どうするのかね?
うちのプースカは依然ゾンビのゲームが大好きで絵を描くと毎回左側は全部植物(ゾンビを倒す)と右側にゾンビばっかだ。
この間はお墓が見たいというので近所の墓地に行き、(お彼岸まっさかりでひとが大勢だったのだがどこのお墓のお世話するでもなく
ただ墓の間をうろうろしていたので変な目で見られた)「こういうのじゃなくてバツ(十字架)のお墓が見たい」というんで次の休みは
横浜の外人墓地まで行ってきた。

外人墓地は土日祝の昼からしかあいてないが、うちの朝型の子供たちは昼まで何もしないで待つということができない。
そこで中華街でちょっと時間つぶしてから行くことにした。
中華街って必要以上に中国っぽさを演出しようとしててある意味テーマパークみたいでおもしろいけど、
どこそこのメディアに載りましたとか、どういう芸能人がレポートしましたとかいうのを前面に出してるのがちょっとうざい。

といいつつテレビで見た焼き小籠包はどうしても気になって買ってしまったんだけどね。たしかにスープがいっぱい入っててうまい。
でも行列自慢の店って行列が短くならないようにわざとちんたら時間かけて客さばいてるのがむかつく

あと思ったのは、甘栗やが多すぎる。どいつもこいつも味見味見とか渡してくるんだけどジャマ!
私は栗が好きではないので避けてたんだけど、プースカが食べてみたいというので1コ受け取ってプースカに渡した。
そしたら「お母さんも食べてみて」と中国語なまりのアラフォーお姉さんからまた1コ渡された。しょうがないからかじってたら
「これ今日半額、千円でいい」といって封筒みたいな袋に栗ざらざら〜っと入れて差し出してきた。しょぼっ!こんな量ならヨーカ堂で500円で買えるよ!

プースカにほら持てほら持てといって押しつけてくる。わ〜この押しつけ商法を日本でもやってんの!?
「受け取らなくていいよ」ってささやいたが何もわからないプースカは受け取ってしまった。
これじゃはとバス乗って来る観光客はひとたまりもなく買うだろうな、私は買わないけど。

屋台に袋を返したら
「買わないなら栗いらないね」といって私の食べかけをとりあげて捨てられた。いっぺんくれたもん取り上げんのかい!まあタダのものがあると思った私が悪いが
プースカの(まだかじってない)味見まで容赦なくとりあげたのにはハラが立った。死ね!栗のイガが刺さってできるだけ早く死ね!

さて。気をとりなおして以下は覚え書き。(といって次にいったときにまだこれらの店があるかわからないけど)
正宗生煎包(焼き小籠包)6コ 780円 うまい。列長くしようとしててムカつく
江戸清 豚まん 500円 しょっぱい。肉は多い。でかい。
チャンピオンの店 肉まん 90円 ちっこい。しょっぱい。

あと月餅。
聘珍樓黒ごま月餅(780円ぐらい)模様がきれい。皮とあんがしっかりくっついてる。甘すぎる。ごまの香りが強い。月餅としての完成度は高いと思う。
聚楽 黒あん月餅(480円ぐらい)模様はぼけてる。皮とあんが離れやすい。甘さひかえめ。ごま油が入ってるがごまは入ってない。皮がパイっぽく香りがよい。
月餅というイメージにとらわれずお菓子として見るとすごくおいしい。

ちなみに上記の栗やは中華街大通りを元町方面からきて最初の江戸清の隣です。こんな店ばかりかと思って警戒して見てたら
ホントににこやかに栗を配って、押しつけないで、ほしがるお客さんにだけ売ってる感じよいお店もありました。
でもまあ、買う気がないなら受け取らないのが吉ってことだよね。わかってるわかってる。油断した自分が悪い。死まで願ってしまってすいませんでした。

ああそれで、外人墓地はどうだったかというと、いろいろなデザインのお墓があってなかなかに興味深かった。
200円ぐらい払って園内はいると10分くらいのコースがあってコース外は立ち入りできないように鎖がかかってた。
故人を悼む言葉を読むと、全然知らないひとなのになぜかしんみりした気持ちになるもんだね。
そして古いお墓ばかりなのかと思ったら意外と2000年代に入ってからのお墓もけっこうあってお花がかざってあった。

天気がよかったので不気味ではなかったけどちゃんとカラスがとんできて頭上で鳴いたりして雰囲気も満点。
プースカは本物のお墓に大興奮で10分のコースを2周まわった。
ただ、ドクロやコウモリの模様のお墓がなかったので若干不満だったようだ。
誰も自分とか親の墓をコウモリとか頭蓋骨で不気味に演出しようというひといないっつーの(^^;
コメント
Name   Message   

過去ログ 2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 
2010年06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 11月 12月 
2013年04月 05月 10月