過去ログ 2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 
2010年06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 11月 12月 
2013年04月 05月 10月 

■2009年08月23日(日)  キリン free
free.jpg 150×210 7Kまったくアルコールの入ってないノンアルコールビールがあるらしいよ、といって相棒がキリンfreeを買ってきた。

以前、中華料理店のテーブルにコレの宣伝の三角柱が立っていて、となりのテーブルの市役所づとめとおぼしきおじちゃんが「コレものすごいマズいよ」と同僚に語っていたのでそうなのか〜と思っていたけど、そんなにはマズくない。

ノンアルコールビールというと、まず最初のひと嗅ぎが「みそくさい」のが私の経験上の常識となっていたけど、これはビールの風味がする。そして、味はというと妙にすっぱく、にがみは少ない。でも全体的にビールといって差し支えない味がする。上出来の部類になると思った。

もちろん、ビールの飲める身でこんなものを飲むのはばかばかしいけど、妊娠中だったり病気中だったりしてビール飲みたいけど絶対飲めない体だったりするひとには、十分ビール飲んだような気分になれる飲み物だと思う。私なんかは、飲みながらなんどかアルコールがしみわたって胸が熱くなるような錯覚をおぼえた。飲み物そのものを楽しめるわけじゃないけど、ビールののどごしを懐かしむことができた。

ちなみに基本、相棒はアルコールが体質に合わない。そして「ビールがまずいのはアルコールが体質に合わないからかもしれない、(アルコールが入ってなければおいしいのかもしれない)」とひそかに思っていたらしい。ビールを楽しめたことがない相棒は、freeを飲んで、やっぱりビールはまずいんだと確信を得たらしい。

私と相棒が飲んでるヨコでプースカがすごくほしそうにしていたけど味見させなかった。アルコール入ってないから法律的にも健康的にも問題ないんだけどね、埼玉のじぃちゃんが飲んでるのを見てほしがったり「前は飲ませてくれたのに」とか口走ったりすると困るからね。
コメント
Name   Message   

■2009年08月19日(水)  お兄ちゃん
先日埼玉の実家に行ったとき、いつものようにプースカを赤ちゃん扱いしていたら、母が
「今はちいさいなあと思うけど、下が生まれたとたんに『お兄ちゃんだなあ〜』と感じるわよ」
と言った。ふっ、わかってないなあ(^^;大きくなったなあと思っても、わざとやってるんだよ。
プースカのことは、本人がイヤがるようになるまで、できるだけ赤ちゃん扱いしてやろうと思ってるんだ。

プースカには、「もうお兄ちゃんなんだから」といって年齢相応であることを要求して、お兄ちゃんになったことに幻滅したり、下の子の存在をうとましく思ったりしてほしくないんだ。

妹が生まれた頃のことを、細かくは覚えていないけど、母から本当に何度も「よけいな仕事増やして」って言われたことはよくおぼえている。それまで何でもやってもらえて当たり前だった私が、妹の世話で手一杯になった母から怒られる頻度があがって、妹が生まれるまではとても楽しみだったはずなのに、いつの間にか妹が大嫌いになっていった。

まあ、当時は「子供の気持ちに寄り添う」などという考え方はまだ知識として一般化する前のことだし、母自身4人兄弟の上のほうで、おそらくは祖母から「よけいな仕事増やして」と言って育てられたのだろうから仕方ない。

でも母が「お姉ちゃんだな〜」と思う気持ちをもう少しコントロールして、私の気持ちに寄り添ってくれていたら、私にとっても妹にとっても、もっと居心地のいい幼少時代があったんじゃないかと常々思ってる私に向かって、よりによって母が、「お姉ちゃんだな〜と思うわよ」なんて、ちょっと自分の子育ての仕方を振り返ってなさすぎなんじゃないかと思ってしまった。

まあ、母がどう思っていようと、今の私には、下が生まれたことでプースカに心細い思いをさせないことに力を注いでいく以外はないんだけどね。

もう2歳半だからちっとも赤ちゃんぽくないけど、そういう決意を自分に確認するためもあって、私はいまだにプースカのことはときどき「赤ちゃ〜ん」と呼んだりもしている。

でもね、先日もプースカに「赤ちゃ〜ん」って言ってたらプースカが
「あかちゃん、ナイ!(あかちゃんじゃない)」
と言ったの!
赤ちゃん扱いして自立を待つ作戦、成功してくれてるのかしら?
遠慮しないでもうちょっと赤ちゃんでいてくれていいんだけど・・・(^^;
コメント
Name   Message   

■2009年08月18日(火)  めんどくさいので
は〜ゆうべはなぜか全然眠れなくなって4時になってやっと眠れて、もうろうと昼までプースカの相手してツラかった。

昼から3時間も一緒に爆睡して目がさめたらうちで使ってるクレジットカードから電話がきて、「本日、ご利用の皆様から大変ご好評いただいている支払い名人というサービスをご説明させていただきたいと思いますが、お時間よろしいでしょうか」という。

どうせリボ払いとかでしょ?実際時間はあるんだけどそんな説明聞きたくないなあ。普段だったら子供がいま手が離せないので、とでもなんでも言うんだけど起き抜けだからうまい断りが思い浮かばない・・・。

「え〜と、時間はあるんですけどめんどくさいからいいです」
なんて言っちゃった。

そしたら
「さようでございますか。失礼いたしました。今後ともXXカードをよろしくお願いいたします」
とかいって電話のひとはひきさがってくれた。
あれっ、めんどくさいからって理由でいいのか。なんかこれから断るの少しラクになりそう。
コメント
Name   Message   

■2009年08月12日(水)  性別
あなたは私のお父さんですか?
Yes → 下記の内容は孫の性別に関する内容が含まれているおそれがあります。すみやかにウィンドウを閉じ、また後日お越しください。
Click!























































孫の性別を知りたくない父に遠慮して先日は書かなかったけど、実は、中のヒトは女の子であることがわかった。いや〜女の子か!今回は、前回とくらべてつわり中の体調や、肌の具合が違っていたので、女の子なんじゃないかな、と思ってはいたけど、女の子か。なんか感慨深い。

実はプースカのときも、性別を知るまでは女の子じゃないかと思ってた。
ただ大きく違うのは、前回は女の子なんじゃないかと「おそれて」いたのに対し、今回は女の子だったらいいな〜と思っていたというところ。

前回は、女の子を育てるときの衝突とかしがらみとか気の重いところばかりに目をむけていた。でも考えてみると、男の子なんて女親と遊んでくれるのはせいぜい10歳ぐらいまでだよね。20歳にもなればサカリがついて家になんか寄りつかなくなるし、結婚なんかしたらもう奥さんべったりであげちゃったようなもんだ。逆にそんな年になって母親べったりだったりしたら気持ち悪い。

その点女の子は大きくなっても遊んでくれるし、一緒に旅行いけるし、嫁にやってもちょくちょく顔だしてくれるし、第一孫ができたときに、嫁の子より実の娘の子が遠慮がなくていいよね!とか、はなはだ先の、不確定な話ながら、ポジティブな面に目をむけることができるようになった。

性別を告知するまえに「あててみ?」って言ったら、母は女、妹のちーさんは男、って言った。実はおばさんちは息子、おじさんちは娘しか生まれてなく、うちも姉妹なので、「うちの血をひいた子は反対の性しか産まない」というのが父の持論で、ちーさんはそれに引きずられた格好かな。この持論を展開するとき父はたぶん自分の兄弟に男も女もいることに気づいてないと思うんですけどね。

家族に報告したあと、親戚にも報告してみた。
父方の、息子3人育てたおばさんは、いま都合により孫娘を育てて苦労してるせいか、女の子ときいてちょっと声を曇らせ「そう。どっちがいいかねえ・・・男の子は育てるのがラクよ」と言った。いや、どっちがいいかねって言われてももう選べませんから。というか最初っから選べませんから(^^;

母方にも息子3人育てたおばさんがいて、(私の旅にも登場する晴美おばさんだけど)、このおばさんは次こそ女の子、と思いながら男の子産み続け、泣く泣く3人でガマンしたひとなので、こんど女の子だと報告したら「上出来上出来!」と言ってくれた。私もそう思う!そしてそう思えてるとこがとってもうれしかったりする(^^

ところで相棒はというと、喜ぶのかなと思ったら案外しんみりして「娘か・・・」と言っている。女の子は年ごろになったら父親は冷たくされるから、だって(^^; え〜?私30ぐらいまでおとーさんとは仲よかったよ?石頭と浮気さえ気をつければ大丈夫だよ!
コメント
  • faux-nez(2009/08/14 15:18)
    うわっ!久しぶりに見てみたら二人目!!
    おめでとうございます〜♪
    プースカくんお兄ちゃんになるんですね。赤ちゃん返りしてますか?

    暑さはねっとりしていますし、地震もあったりしますし、お体大事にしてくださいね。
  • よしりん(2009/08/15 09:18)
    おめでとうございます!
    うちも二人なんですけど、やっぱり兄弟いたほうが育児は楽ですよ!
    (一人だと親がつきっきり相手してなきゃならないけど、二人だったらほっとけば二人で遊んでるから楽!)
    二人目育児は本当に楽です。
    なんでもお兄ちゃんのまねをしますから、まねしながら成長してくれます。

    お体お大事に!

    また、遊びに来ますね。
  • のーさん(2009/08/18 15:31)
    faux-nezさん、ありがとうございます!ほんと暑くてそとに連れ出せず、だるいし、テレビばっかり見せちゃって気の毒な夏を過ごしています。プースカ、意外に赤ちゃん返りというほどの抵抗はないんですが、お箸やスプーンで自分でご飯食べるということがほとんどなくなりポカ〜っとクチあいてるだけになりました。これが赤ちゃん返りなら、まあラクなほうだな〜と思いつつも、なんか成長をやめたようで心配になる私です
  • のーさん(2009/08/18 15:32)
    よしりんさん、ありがとうございます!おお、兄弟で遊んでくれますか。それはありがたい。でも兄妹だとすぐに妹の方が精神年齢追い越して牛耳るようになるんじゃないか?などと、マンガ(西原理恵子の「まいにちかあさん」)を読みながら想像しています・・・
  • coiku(2009/08/21 13:34)
    わぁ〜!!お二人目ですか!おめでとうございますっ!
    楽しみですね〜☆
    うちの娘は高一になったんですけど、この春も一緒にヨーロッパに行ってきました。
    娘がいいのは・・海外ってダブルベッドになる確率が高いけど、娘&母だったらそれほど抵抗がないっていう点です。
    さすがに高校生の男の子と一緒のベッドに寝るのはねぇ・・
  • のーさん(2009/08/21 16:52)
    coikuさん、ありがとうございます。お嬢さんとヨーロッパ旅行!いいですね〜。そういえば私も母と家出したときにダブルベッドで寝たことあります。息子だと、百歩ゆずって本人がいやがらなくても世間からみたらマザコンですもんねえ・・・
Name   Message   

■2009年08月12日(水)  性別
は〜ハラが重い。重いっていうか、ダルい。一番気持ち悪いフェーズは抜けたみたいだけど、このあとこのだる重いのがずっと続いていくんだよなあ。

・・・というわけでフタリメできました。
いま5ヶ月で、予定日は年明けです。

先日検査の結果を聞きにいったときに、先生が非常に無造作に性別を教えてくれたんだよね。プースカのときも思ったけど、知りたくないひともいると思うんだけど、そういうことは先生とかは気にしないのかしらね。

プースカんときは、男とわかったときに相棒の実家に電話したら相棒パパに「知りたいですか?」って聞いたら「女の子がほしい」と言われ、内心
(ほしいですか、じゃねえ!知りたいですかって聞いてんだろうが!だいたいほしいとか言われたってムリなんだよ!)
と必要以上にムッとして生まれるまで教えてあげなかったものだけど、その後お義兄さんとこでも2人目が生まれたりして相棒パパは出産前に性別がわかるということを学んだらしく、今回は「もうわかった?まだ?」と聞いてくるようになった。

それに対しうちの父は、今回は生まれるまで知りたくないらしく(前回は知りたがったと思ったけど)伝えていない。でもなとーちゃん、私は知ってるので、ここには書くからな。一応性別がわかっちゃう内容書いた日は冒頭に断り書き書くけども。知りたくなかったら読むなよ。
コメント
Name   Message   

■2009年08月07日(金)  海水浴
相棒はちょっと早めの夏休み。レンタカーかりて茨城の海に海水浴に行ってきました。これまでプースカが行ったことがあるのは川崎の東扇島にあるちいさな人工海浜だけ。行く前プースカは海を楽しみにしてたんだけど、海ってあんなに波があるって知らなかったみたいでひと波ザブ〜ンと浴びたらマジで「ピギャー!!」って泣いた。その後は完全にビビってしまい、相棒が波のほうに行くだけで大泣き。そして「ウミ、いかない!」を連呼するように。

かわりといっちゃなんだがこの旅でプースカが一番よろこんだのはレンタカー。運転席にすわりこんでプリウスのパワースイッチを入れ、ワイパー動かし「プースカうんてんしゃん!、うんてんしゃん!」と大興奮。でまあ、海はイマイチ不評なので県立のアスレチックいったり、いきあたりばったりに公園で遊ばせたり、親はアウトレット行ったり、魚料理を食べまくったりして、最後には港ででっかい本はまぐりやホッキ貝なんか仕入れて帰ってきたわけです。

ゆうべはその本はまぐり(ホッキ貝と同じくらい巨大)のはいった巨大はまぐりごはんにホッキ貝の刺身で夕ご飯。そんなに食器使ってないのに、相棒が食洗機に皿つめながら入りきらない入りきらないと何度もつめなおして悩んでると思ったらはまぐりのカラまで洗ってました。あのね・・・(^^;
しかも今朝になって洗い終わったカラを手に
「表面のコーティングはがれちゃった」
と嘆いてます(^^;。それ、コーティングじゃないと思いますが。あと、はまぐりのカラは食洗機対応じゃないと思いますが。

そして今朝は起きてすぐプースカが昨日までと同じように
「ブーブいく?ブーブいく?」と。
どうもあのブーブは借りてたもので、もう返した、という事実がわからないみたい。そっか〜もういつでもブーブ乗れると思ってたのか。ごめんね。なんかちょっとセツナイ・・・
コメント
Name   Message   

過去ログ 2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 
2010年06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 11月 12月 
2013年04月 05月 10月