過去ログ 2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 
2010年06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 11月 12月 
2013年04月 05月 10月 

■2009年02月26日(木)  石原真理子
むかし不揃いの林檎たちの3やってたとき、誰かが「おまえらほかに友達いないんか」と言っていたのを思い出した。世間にはケチのついてない独身者がごちゃまんといるのにどうしてよりによってそこに戻るのであろうか。

玉置浩二は4回目だっけ?再会から2週間での電撃結婚ということで、いっぱいするひとは結婚に対する抵抗感というか敷居がすごく低いということはよくわかった(^^;
コメント
Name   Message   

■2009年02月25日(水)  Oさんの計画
Oさんが会社をおこそうと思うというので何の会社かと思ったらこのような計画でした。

(安住さんとの間に)子供を産む。育てるときに、ひとり育てるも二人育てるも、いっしょなので、自分の子供のほかに4人あずかる。預かり料金は1人ひと月20万。朝7時〜夕方19時が定時で以後1時間につき延長1000円。夜は最長で12時まで。基本料金を1年分先払いしてもらう。みんなわが子のように丁寧に育てます。付加価値は、食べ物の好き嫌いがなく、運動神経の良い子にします。英語は教えません。

だそう。_| ̄|○

いや保育士いない保育室とかあり得ないし、
ひと月20万もあったら専属の乳母が雇えるし
それを1年ぶん前払いとかあり得ないし
ひとり育てるも2人育てるも同じというところがそもそもすごくつまづいてるし
好き嫌いなく運動神経の良い子に「します」とか断言されても「ああ、子育てやったことないんですね」としか返事のしようがない

20万x12ヶ月x4人ということは1年で960万円、子育てもできて借金も返せてウマー(゚д゚)という計画なのだろうか。自分の子が風疹とかかかったらどうするつもりだろ。たぶん想定外だよねえ


おいおい現実を見ていけばわかるであろう・・・というかそもそも安住さんとの間に一児をもうけることが前提なので現実を見ていくチャンスはかなりゼロに近いから、私が指摘しなくてもいいよね!大丈夫だよね!?

最近会社をおこす時期を占ってるらしく、会社だけはまず前倒しでたてるつもりなのかちょっと心配。Oさんの過去からいって、変な起業ビジネスにだまされたりしそうで。
コメント
Name   Message   

■2009年02月23日(月)  Oさん離婚続報
Oさんは先日めでたく離婚届を提出しシングルになったそうだ。
といってもお金ないから元旦那とはいまでも同居している。

旦那は以前から、Oさんのことをブスだアホだとバカにし放題、自分のような人間とはつりあわない、妻にしていただけるだけありがたいと思え的なこともしばしば。はっきりいってモラルハラスメントですよ。身の程を超えたぜいたくざんまいで借金だらけの旦那をどうしてそこまでのさばらせておくわけ?と思っていたが離婚を機にそのバランスがかわってきたらしい。

これまで25年の結婚生活のあいだただの一度も「きれいだ、すてきだ」なんて言葉をOさんに使ったことのない旦那がOさんの髪型を「すてきだ」とほめ、昼寝のあとには好物の苺を用意しておいてくれるとか。そんなふうにOさんのご機嫌をうかがう旦那を見てフンと鼻でわらい「もう賽は投げられたんだから」と思うOさん

まあ安住さんとのことはどうなるもんでもないと思うし(ラブレターは投函し続けているらしいけれど)Oさんもいつか目が覚めるだろう(←希望的観測)そしたら初めて、対等な立場として旦那との関係を築きなおすことになるんじゃないかな。とにかく、早く目が覚めてくれるといいんだけど・・・
コメント
Name   Message   

■2009年02月20日(金)  私は死んじゃうから
うちの近所に家族経営でやってる小さいスーパーがある。主力はパートさんだけど、おばあちゃんが店番・・・というかパートさんたちの仕事ぶりの見張りをしていて、社長(おばあちゃんの息子)や奥さんもこまごまと働いている。

このおばあちゃんが、いつもコータロの頭の形をほめてくれる。
「この子は賢くなるわよ。こういう頭の形の子は頭がよくなるの。私の知り合いでもね、遊んでて中央の法科に入って弁護士になった子がいるのよ。その子が小さいころこういう頭の形してたから」

とそこまではいいんだが、
「この子も将来えらくなるわよ。私それまで生きてらんないけど」
というんで困る。プースカが歩くようになって以降でおばあちゃんが店にいるときは必ず言われるから、もう少なくとも5回は言われてる。

最初の1回は困っちゃって何も言えず、それ以降は考えて
「そんなことありませんよ」
「そんなこと言わずにお元気でいてください」
など言ってたけど、実際こういうときはなんて言えばいいんだ?

おばあちゃんは何ヶ月か前に頸椎いためて手術したかなんかで、いつもクビにカラーをはめている。それで弱気になってるというのもあるんだろうし、たしかにいま70ぐらいで、プースカが成人する姿を見れるかというと、今日現在健康なひとでもちょっと微妙だ。にしたってってそういう言い方されても困るんだけどな。いつもあの調子ならまわりにいるひとは大変だろうに

と思っていたら、今日はヨメである奥さん(たぶん40代)がいる前でそれ(遊んでて法科に入ったナニガシ云々〜私は死んじゃうけど)を言った。
で、最後にヨメである奥さんに
「タカ子さん、この子が立派になるか見届けてよ、私は死んじゃうから見られないからさ」
というので、ああっまたそんな言い方を。奥さんなんて言うんだろうとドキドキしていたら奥さん、ハイハイって感じで
「あ〜見届けとくのねウンウン」
って返事していた。

おお〜っそうきたか!!!って感じ。
流すのか。意外!

たしかにねえ、毎回毎回「もうすぐ死んじゃうから」をまともにうけとめて否定してたんでは疲れてしまうから、流すことにしたんだろうね。ふーむ。

しかしおばあちゃん、なんて返してほしくてああいう言い方をするんだろうか。励ましてほしいのか?まさか「そうだね〜」と言われるつもりはないわけだろ?自分はもう寿命を達観してるから、というポーズをとってるつもりなんだろうか。

親しかったら「なんでそういう言い方するの?どう言ってほしいの?」って聞いてみたいもんだけど、そこまでおつきあいがないからな。うーむ。
コメント
  • とら(2009/02/21 20:49)
    う〜ん・・・「プースカが大学入るまでは」って思っていたけど、弁護士になるまで生きてないといけないわけか・・・ 
  • のーさん(2009/02/23 12:58)
    かりに弁護士になるとしても10浪ぐらいしそうだ・・・長生きして見届けてねとーちゃん(^^;
Name   Message   

■2009年02月18日(水)  新潟 雪遊びの旅
雪遊びいってまいりました。

泊まったのは越後湯沢からシャトルバスで15分ほどの「ホテル・エンゼルグランディア」。なんか、リゾートマンションとホテル並行してやってるみたいで、部屋は和室二間にキッチンついてた。そして目の前が中里スノーウッドスキー場。スキー場自体はすっごくちっさくてショボいんだけど、ホテル出てすぐのところが子供用遊び場ゲレンデなので、ファミリーには人気なんだと思う。客は9割が子連れって感じだった。

日曜だったんで、ついたときは混んでたけど、遊び始めるとだんだんすいていき、だんだん快適に。ピーカンでプースカは雪だってわかってるのかわからないが、すごい張り切って遊んでいた。そり乗ったら「コワイ。」といってあまり喜ばなかったけど、バイク型のスノーレーサーに乗ったら気に入ったらしくて「っかい。っかい(もう一回)」って何回もリピートしていたし。

2日目は平日ですごくすいてて、しかもいい具合に雪も降って、プースカも雪ってどんなもんかわかったみたいだ。1日目よりも寒かったのですぐ帰るって言い出すかと思ったけど、全然寒さ気にせずひたすらひたすら遊んでて、疲れて足がふらふらになってもまだ遊んでて、ジュースで釣らないと部屋に帰るのに同意しないの。そして部屋に入ってもソトの雪みて遊びに行きたいってそわそわするし。そうかい雪遊びそんなに楽しい?喜んでもらえてかーちゃん嬉しいよ(^^

今回JRのファミリーむけツアーで行ったんだけど、新幹線と宿泊に駅からのシャトルバス、バイキングの夕朝食のほか子供ゲレンデの入場券がついてて、ほかに手配するものがなにもなく、楽ちんな旅だった。ほんとはホテルとか手配するのも好きなんだけど、近頃やっぱプースカに時間とられて自由な時間があまりないのでこういうall in oneのツアーは助かる。ホテルは広い温泉施設もあるし、バイキングも子供に配慮したメニューがたくさんあり、従業員は子供への気配りがいきわたっててホント好感度が高かった。

しかも、スーパーレイトチェックアウトといって、大人ひとり1500円払うと夕方5時まで部屋が使えるというのも嬉しい。スノボに狂っていた頃は昼食以外ノンストップで滑っていたから宿なんか必要なかったけど、プースカぐらいの子は随時休憩もお昼寝も必要、体温調節のための衣類や装備品もたくさんあるので、遊んでるあいだ荷物をひろげておける場所があるのはとっても心強かった。

しかも、二間続きの部屋がまたすごくよくて、片方に寝て、片方はエアコン全開で乾燥室にできたんで、ぬれた靴やグローブ完璧に乾燥させられた。(ちなみに間取りは10畳ひと間のこともあるみたい。万一これをみてエンゼルグランディアに泊まる方はチェックインのときにでも2間の部屋を要望してね)

チビ連れの旅は、予定外のところで眠っちゃったり、機嫌が悪くなったり、具合が悪くなったりして、なかなか難しい。それが、ほぼ予定通りにすすめることができ、なおかつ楽しんでくることができた今回の旅は100点つけてもいいと思う。

しかし車窓から雪を・・・なんて甘っちょろい考えだったわ。
上越新幹線って、雪が降る群馬あたりになるともう、ずっとずっとトンネルん中なのね。越後湯沢から先もそうなのかな。
越後湯沢のホームのすぐむこうは屋外なんだけど、レールが凍結しないように猛烈な勢いでスプリンクラーがまわっていたのが印象的だった・・・

↓手にもっているのは雪玉製造器。遊び場にはいると自由に使っていいの。まん丸の雪玉が手袋ぬらさずに瞬時にできてコレはすばらしい道具でした。
aPICT0166.jpg 200×267 64K
コメント
Name   Message   

■2009年02月14日(土)  うき!
最近テレビで雪を見ると「うき!うき!」とウキウキするプースカ。
本物の雪降らないか待っていたけど降らないみたいなので見せに行くことにした。
1泊だけだけど、湯沢温泉で、子供ゲレンデの充実したスキー場に行く予定。
スキーもスノボもしないで、プースカとの雪遊びに全力でいそしんでくる。

最初に雪が見れるのは群馬あたりの車窓かな。
トンネルを抜けて雪国に突入するんだろうか。
「おぉ〜っ!うき!」って言う声が聞こえるようだ。
初めて実物の雪にさわったとき、どんな反応するんだろうか。
冷たいとは予想外で手をひっこめるかな
そりはよろこんで乗るかな、こわがるかな
最近エスカレーターに目覚めた彼は、子供ゲレンデのスノーエスカレーターのほうが盛り上がるかも

自分が楽しむことはまったく考慮になくて、ただ楽しむプースカを見ることが私と相棒の最大の娯楽であり目標である旅。
十数年前、スキー・スノボに狂って毎週末朝から晩まで滑ってた私が、雪を前にして滑らないなんて、そんな選択をする日が来るとは想像だにしなかった
これが親の心境ってものか。不思議なものだね
子供ができると、自分では何の努力もしなくても親になってくるなあ

先日買ったスエード風のジャケットやこれまでのウィンドブレーカーでは対処できないので、プースカにはまたもジャケット買った。こんどはマザウェイズのダウン風リバーシブル紺/ベージュ。長いこと迷ってた無印の紺を買おうと思ったらもう在庫がどこにもなかった・・・残念(TT


ところで今日暑くありませんでしたか。
スキー場、ドロドロにとけてないといいんだけど・・・
コメント
  • faux-nez(2009/02/16 10:44)
    秋田の方で、かまくらが溶けちゃったとかニュースになってましたねー。
    我が家も今年は雪デビューさせようと思ったのですが、結局叶わず…になりそうです。
    来シーズンこそウエアを買って行きますよ!!
    山中湖の方にそり専用のゲレンデがあるのご存知ですか?子供連れに大人気!だそうです。我が家はそこにしようかと思ってました。
  • のーさん(2009/02/18 01:18)
    行ってきましたよ〜♪ピーカンで上級者コースの上のほうまるはげでしたが子供ゲレンデは雪たっぷり、4,50センチの穴もありましたが、土は出ておらず。今月中ならまだ間に合うかもですよ?JRのファミリーむけツアー、よかったです。
    そり専用ゲレンデていうのもあるんですね。山中湖だと人工雪だから、逆に暖冬でも大丈夫なんじゃないですか?
Name   Message   

■2009年02月13日(金)  野菜のでじる
バラエティはあまり得意ではない私。

黄金伝説だけはたまに見ていたのだけど、先日のスペシャルの補足スペシャル番組で、濱口が「野菜のでじる」と言っていたのを聞いて急に気持ちが冷めた

でじるじゃないよ。それはダシって読むんだよorz

結局は台本どおりかあ
まあ、あたりまえか。
コメント
Name   Message   

■2009年02月08日(日)  ドンぐるさん読んでくれていますか。
でっかいお世話なのでもうOさんについては書くまいと思っていたのですが、最近大きな動きがあり、また書いてしまいます。Oさん離婚だそうです。

一昨年Oさんがあるアナウンサーにビビビっときてしまい、ラジオを通じてコンタクトしているという話はこちら(2008年1月29日)

その後もOさん毎週アナウンサーKのラジオ番組に投稿しては彼の、リクエスト曲を通した「返事」に一喜一憂を続けてましたが、最近彼がラジオを通じて、結婚を強く求めてくるようになったそうです。

それでOさん、昨年のクリスマスに旦那に提案したそうです。
「いま自分はこういうひとから求婚されており、再婚すればだいぶ経済的に安定することになる。いまある借金はすべて私が(Kさんが)もつ。あなたが死ぬまでの住まいの費用も持つから、離婚しないか」
と。


提案の仕方からいうと、偽装離婚をして、不本意ながら彼女はほかのひとと再婚して、まず生活の安定を確保しようともちかけてるようにも聞こえる。ちなみにOさんが知らないうちに旦那がキャッシングで借りてたローンは現在600万(@_@;;世帯の年収よりも上
(・・・なんの資産もないと聞いているけど、そういうひとが600万もお金を借りられちゃうものなの?ここ数年はローンの利息すらも満足に支払えていない状況だったんだって。)

しかも旦那は今年で仕事を退職。Oさんもいまの勤め先で室長から求婚されて、断ったところいやがらせで3月までで契約切られることになってしまっているので、そう聞くともうふたりが生き延びる方法は確かにOさんを再婚に差し出す以外にないかもしれない・・・

でも、実際のところOさんはKアナとの新生活に夢いっぱいです。どうしても彼との間に子供がほしいんだって。40台なかばで昨年から更年期症状で毎月クリニックに通ってるんだけど、治療して「治ったら無理ではない」と言われたとかで、絶対産んで専業主婦になりたいんだって(--;うう〜っ本気なの?

ともかくその話をもちかけられて旦那が驚き、いつの間にそんな関係になったんだと問い詰められ、実はしばらく前から電波を通じてひとの心がビビっと感じ取れるようになってしまった。自分が投稿したことに彼が発信してくる返事をラジオで受け取れるようになったと打ち明けました。

いまはまだ会ったことはない、連絡も直接はとったことはない、ということを聞いて旦那は笑い、
「最近妄想が過ぎるんじゃないの?証拠があったら考えるけど」
と言ったというのが年末の話。

しかしその後年明けに聞いた話では順調に離婚の話がすすんでおり、1月半ばには役所に離婚届の用紙をもらいにいき、むかしの派遣の友人などに保証人欄に書いてもらって(離婚届も保証人要るのね)、先週の頭には税務署に行って税金滞納4年分を一括で支払い(4年分っていうのもすごい・・・税金を滞納してると離婚できないものなんだろうか)、旦那にも判をついてもらい、金曜に提出に行ったもよう。しかし不備があり受け取ってもらえず、今日また提出に行くとのことだったんで、受理されたんでしょうかね。

アナウンサーKとのやりとりの証拠がないのに、旦那をどうやって説得したんだろうか。税務署に払うお金をどうやって作ったのかも気になります。まさか本当にKから連絡が来て、Kが全部払ってくれたわけでは・・・ね?
いじわるな想像だけど、やりとりをねつ造もしくは電話で話していると旦那には言い、それで旦那も本気にして、あとからKに払ってもらうという約束でまたキャッシングしたといったところだろうか。

ちなみに、考えてみると名前を伏せる必要もないので今更書きますが、Oさんの「お相手」のアナウンサーKはTBSの安住アナです。(どこにもKなんかはいってないやんか!→すいません、私が下の名前を勘違いしてました)

Oさんの旦那さんは現在83才。先週一気に歯が3本抜けたそうです。もちろん心労だと思います。
ちなみに旦那さんも占星術をやっており、オレは83までの命だと前から言っていましたが、このままだと本当にそうなっちゃうんじゃないの!?Oさんは、私と知り合った頃から、旦那さんをみとってから自己破産してあとは好きなようにやっていくというのが口癖だったけど、まさか引導を渡すのがOさん自身だとは、今も思ってないでしょう。

Oさんが切り詰めても切り詰めてもぜいたくを続け、Oさんのことは常々ブスだのアホだのと見下してた旦那と縁が切れるのはOさんにとってはいいことなのかもしれないけど、離婚してどうするんだろう二人とも・・・。どちらも帰る場所のないふたりなので、当面は同居だろうし・・・。Oさん、4月からは赤坂近辺の仕事をしたいのでいま就活中だとか。その合間にラブレターを書いては送ってるみたいです。

何ヶ月待っても返事が来なかったときにOさんがどうなってしまうのか、ホントに心配です。Oさんはもともとあまり根にもたない性格なんだけど、なにぶん今回の恋は人生を賭けた本気なので、「気持ちをもてあそばれた」とか「人生をめちゃくちゃにされた」と思ってしまいかねない・・・。
安住さん。身辺には十分注意してください。
コメント
  • ドンぐる@衝撃!!(2009/03/13 20:42)
    あああああっ!!!!!
    久々に日記を拝読したら、すんごいことになっていますね・・・
    覚えて下さってたことも嬉しいのですが、こんなピンポイントで面白い記事を書いていただいて、めちゃめちゃ嬉しいです!!
    それにしても、凄まじい話ですね。なんというか。。。突っ込みどころが満載過ぎて、Oさん面白すぎます。
    でも、離婚した処で彼女は何も失うものはないですよね。なんだか元サヤに収まる予感が大です。
  • のーさん(2009/03/17 22:39)
    お、読んでもらえましたか。ねええ、びっくりでしょう?なんか旦那さんは今まで勝手なことでキレて彼女をしかりつけたりしてたのが、反逆に遭ってタジタジしてるようですよ。ちょっぴりいい気味です。

    Oさんは、ひどい排卵痛で排卵を止める薬を飲んでるのに、「子作り開始したら薬はやめる」んだそうです。・・・まあ子作り始まる心配はまずないのでいいっちゃいいんですけど・・・
Name   Message   

■2009年02月04日(水)  太巻きでした
予告どおり今夜は手製太巻きでした。

私が食べたかったのは、黙って一気に食うのはまずムリそうに見えた巨大で豪華な海鮮巻き。刺身をいっぱい買ってきて、だし巻き玉子だけは自分でつくって、巻き簀がないからクッキングシートで巻きました。なかなかうまくできたな!これなら節分を2週間に延ばしていただかなくても大丈夫そうです。

幸せですが、刺身は大量に余りました。
「巻き」は案外刺身を消費しないな。明朝はちらしにします。
コメント
Name   Message   

■2009年02月03日(火)  恵方巻
相棒はアンチ恵方マキスト。
金もうけのために新しい伝統をつくって押しつけてくるところが気に入らないらしい。
その気持ちはまあ、わからないでもない。
でも恵方巻、うまそうじゃありませんか?
今日おでかけして帰ってくるとき川崎ラゾーナに寄ったらあるわあるわ、色とりどりの恵方巻が!
相棒の主義に配慮して買ってこなかったのだが夕食時、世界中のひとがほほえみ肩寄せ合って東北東の方角むいてクチもきかずにうまい恵方巻きをほおばっているこのときに私ひとりがこんな何のひねりもないビーフシチューなんか食べているのかと思うと惨めで涙が出た。
いまも頭は恵方巻きのことで一杯です。明日はおそらく手製の太巻きです。来年は絶対買ってやる。というか、なんで節分しか売らないのだ!節分の期間を来年からは2週間に延ばしてください。
コメント
Name   Message   

■2009年02月03日(火)  節分
今日は相棒が残業で遅いのでプースカとふたりで豆まき。

プースカは事情がよくわからず「なぜ豆をすてるんだろう」といぶかしげな顔で、ちょっとずつ豆をにぎってはぽとぽと落としていた。
コメント
Name   Message   

■2009年02月01日(日)  成長の経過観察
一才半検診のとき、「ボール持っておいで」ができなくて成長度合いを経過観察されることになったになったプースカ。
誕生日翌日に保健所の保健士から電話かかってきて、語彙も増えたし言葉の理解もこんぐらい進みましたと言ったらとりあえず経過観察は解けた。

プースカがどんな子であっても受け止めるつもりだったし、できるだけ気にしないようにしていたつもりでいたけど、やっぱ気にしていたんだと思う。この半年を振り返ると、プースカがどんな単語をおぼえても、何を喋るようになっても「いまこれしか言えなくていいのか」「いま頃これじゃ遅いのか」っていつも気になっていた。

区役所で経過観察を言いわたされたとき、与えられた情報はものすごく中途半端で、正直不安感をあおるだけだった。
いつの時点でそれができてなきゃいけないんですか、いまの時点でどのぐらいできなくちゃいけないんですかって聞いても、それはひとそれぞれみたいな感じで言葉をにごされたし・・・なんなの?なんか基準があるから経過観察するしないって決めてんでしょ?知ってること全部教えてよ!

本当なら、プースカの成長の過程のことば、ひとつひとつをもっと楽しんでよろこんで心に刻んでいけるはずだったのに、この半年を思い起こすと、いつもその裏側にある不安感が影をおとしていた。

障害の早期発見も経過観察も大事なことだと思うけど、行政の仕事はやっぱいつも自分中心だ。中途半端に警告された母親がどう思うかとかそういう目線が全然ない。それでいて子育てに不安のあるときはいつでも相談しにきてくださいとか言いやがる。

「誰が不安にさせとんじゃ!」

私とプースカの半年を返せ!といいたい。
コメント
Name   Message   

■2009年02月01日(日)  誕生日のプレゼント
北海道からの誕生日のプレゼントでプースカがいちばん喜んだもの。

おばーちゃんからのお祝いカードの入っていた、黄色の封筒。

プラレールの箱が梱包されていた、ボロボロの段ボール

段ボールに入っていた緩衝材(プチプチ)

黄色の封筒は、ぐしゃぐしゃに握って「ぶーん」と気分だけ紙飛行機になって家じゅうを飛び回ったあと、牛乳を注ぎ込まれてオダブツになった(^^;

ボロボロの段ボールは、いつの間にかプースカのだいじなミニカーの格納場所となり、ときどきプースカ自身が箱の中に入って「ぶっぶ〜」などと、なにやらクルマ的なものに見立てられている。
そしてこっそり片付けようとすると怒られるんである。

その、ドアもハンドルも車輪もない箱のどこにクルマを感じているの?
去年おばーちゃんたちが遊びにきたとき持ってきてくれたちゃんと車輪とハンドルついたブーブーのほうがよくない?
つーか、プレゼントのプラレールの立場は?(^^;

なんでガラクタばかり気に入るんだ
家の中がかたづかないよう(´Д`)
コメント
Name   Message   

過去ログ 2008年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2009年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 
2010年06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月 
2011年01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 09月 10月 11月 12月 
2012年01月 02月 03月 04月 05月 06月 11月 12月 
2013年04月 05月 10月